ゲッタウェイ スーパースネークとアクションスリラー映画を知ろう!

 テンポが早く、そしてアクションの要素が頻繁に現れる映画の事をスリラーと言いますが、その中でもアクション性を強く打ち出して、撮影された映画の事をアクションスリラーと言います。このサイトではそんなアクションスリラーについて、様々な作品を紹介していこうと考えております。まずはカーアクションスリラーとして評価の高いゲッタウェイ スーパースネークについて見ていきましょう。

イメージ

 ホワイトハウスものとされているアクションスリラーの中でホワイトハウス・ダウンと並び立つのがこの作品、『エンド・オブ・ホワイトハウス』です。これは2013年に製作されたアメリカ映画の中でも、それなりに興行収入も振るった作品でソーシャル上でも、かなり話題になっていた作品です。ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストによって占拠され、合衆国大統領が人質にとられたという設定で描いている作品で、アントワーン・フークア監督と、ジェラルド・バトラー主演兼・製作のコンビが、これまた話題を呼びました。

あらすじ

 シークレット・サービスとしてアメリカ大統領一家を警護する任務を帯びていたマイク・バニングは、クリスマスの吹雪の中を走行する大統領専用車の護衛の任に就いていた時に、不慮の事故によって大統領夫人が死んでしまう。

 それから1年半後、夫人の命を守れなかった責任を自分一人で抱え自ら現場任務から退き財務省でのデスクワークへと異動したバニングは異動後も自責に駆られる日々を送っていた。アメリカ独立記念日の翌日の7月5日、韓国の首相が渡米。会談の最中、国籍不明の輸送機がワシントンD.C.上空に侵入します。警告を行った戦闘機を突然ガトリング砲で撃墜し、さらに市街地へ攻撃を行います。それを受け、大統領ベンジャミン・アッシャーは地下にあるバンカーへ韓国首相と共に避難します。

 輸送機はホワイトハウスにも攻撃を仕掛けるが、援護に現れた戦闘機に撃墜されます。事態は収拾されたと思われた刹那、見物人に紛れていたゲリラの自爆攻撃により門が破壊。それに合わせて謎の武装集団がホワイトハウスへの攻撃を始めました。オフィスから駆け付けたバニングを含むシークレットサービスたちは応戦するものの、計画された奇襲と相手の火力の前に一人また一人と倒れていく。成す術もなく、バニングはホワイトハウス内への一時退避を余儀なくされます。

 その頃、大統領は各所に指示を出していましたが、突如韓国首相の警備チームが蜂起し、バンカー内を制圧。「鉄壁の要塞」と謳われたホワイトハウスは完全に占拠されてしまった。彼らは大統領を人質に取り、さらに見せしめとして韓国首相を殺害。日本海海域の第7艦隊と在韓米軍の撤収を要求します。

 未曾有の事態に全米が震撼する中、ペンタゴンはホワイトハウス内から緊急の連絡を受ける。それはバニングからでした。お互い情報交換を行い、ペンタゴンから大統領とその息子コナーの救出命令を受け、バニングは武装グループへの反撃を開始します。しかし、襲撃犯のリーダー・カンの狙いは軍の撤退だけではありませんでした。

キャスト

  • マイク・バニング特別捜査官 - ジェラルド・バトラー(宮内敦士)
  • ベンジャミン・アッシャー大統領 - アーロン・エッカート(井上和彦)
  • アラン・トランブル下院議長 - モーガン・フリーマン(坂口芳貞)
  • リン・ジェイコブス長官 - アンジェラ・バセット(斉藤貴美子)
  • カン・ユンサク KUF指導者 - リック・ユーン(山野井仁)
  • リム KUF技術者 - マラーナ・リー
  • チョ KUF幹部兵士 - ケヴィン・ムン
  • デイヴ・フォーブス - ディラン・マクダーモット(檀臣幸)
  • コナー・アッシャー - フィンリー・ジェイコブセン(白石涼子)
  • ルース・マクミラン国防長官 - メリッサ・レオ(佐藤しのぶ)
  • リア・バニング - ラダ・ミッチェル(湯屋敦子)
  • エドワード・クレッグ陸軍参謀総長 - ロバート・フォスター(西村知道)
  • ジョー・ホーニグ統合参謀本部議長 - ジェームス・インガスール
  • チャーリー・ロドリゲス副大統領 - フィル・オースティン
  • ローマ特別捜査官 - コール・ハウザー
  • マーガレット・アッシャー大統領夫人 - アシュレイ・ジャッド(佐々木優子)
  • イ・テウ大韓民国首相 - ケオン・シム

スタッフ

  • 監督:アントワーン・フークア
  • 脚本:クレイトン・ローテンベルガー、カトリン・ベネディクト
  • 製作:ジェラルド・バトラー、エド・カゼル三世、アラン・シーゲル、マーク・ギル
  • 製作総指揮:ボアズ・デヴィッドソン、マーク・ギル、アヴィ・ラーナー、ハイディ・ジョー・マーケル、ピーター・シュレッセル、トレヴァー・ショート
  • 撮影監督:コンラッド・W・ホール
  • プロダクションデザイナー:デレク・R・ヒル
  • 編集:ジョン・ルフーア
  • 衣裳デザイン:ダグ・ホール
  • 音楽:トレヴァー・モリス

感想

 アクションスリラー映画の傑作、ダイハードのような魅力のある映画で、一人で悪に立ち向かうその姿と、痛快なラストで非常に楽しめるアクションスリラー作品になっています。

 様々なアメリカの姿を描いている映画でもありますが、そういった政治的な主張を抜きにして、純粋にエンターテイメント作品として楽しむといいと思います。